大手引っ越し業者の見積金額を大幅に下げる方法

 

高い引っ越し料金に悩まされていませんか?

 

今や、引っ越し見積もりの常識になりつつある相見積もりを、とてもカンタンに済ませる方法をご紹介します。

 

複数社に連絡して各社見積もりをとるのはとても時間がかかるし面倒ですよね。

 

相見積もりしたからと言って、値下げ交渉は一筋縄では行かないことも多々あります。

 

ただ安いだけの業者は不安だし、ある程度名のしれた大きな業者にと、高い金額を払ってしまっていませんか?

 

このサイト経由で見積もりを依頼するだけで、そんな悩みからは開放されます!




一括見積もりサイトは、たった一回、自分の引っ越し情報を入力して依頼するだけで、全国から選びぬかれた200社以上の引っ越し業者から、最大10社の見積もりを一括で取り寄せる事ができるサービスです。

 

しかもその見積もり金額は、個別に業者に見積もり依頼した時の金額から大幅に値引きされた金額であることがほとんどです。

 

なぜなら一括見積もりサイトは相見積もり前提のサイトなので、業者側もお客獲得のため、出来る限り安い金額でと考えるからです。

 

面倒な個々の見積依頼と精神的にも疲れる価格交渉を、たった一度の入力で済ませてしまう、ものすごく便利なサイトなのです。

 

今まで知らなかった新たな引っ越し業者の見積もりが来ることもあり、たくさんの選択肢から選ぶことができます。

 

手間を省いてお得に引っ越ししたいなら、一括見積もりサイトを必ず利用してみてくださいね。

 

 

引っ越しアルバイト経験から言えること

 

引っ越しのコツは、ただただ準備につきるかと思います。

 

まず第一に引っ越し日の当日までにはすべて箱につめる。

 

これが当たり前のことなのですが、出来ない人が多い。

 

というのも、私は昔、ダック引っ越しセンターでアルバイトを1年ほどしたことありますが、当日現場に行くとまだ箱に詰めきれていませんって方がいます。

 

トラックに余裕があれば良いのですが、だいたいちょうどのサイズでいきます。

 

なので、トラックの中にいれる物には順番がありますので、それが順番通りに入れられなくなります。

 

これは引っ越し屋さんに迷惑をかけてしまいますので、当たり前ですが完全に終わらせます。

 

あとは準備、段取りにおいては冷蔵個の電気を前夜から切っておくだとか、電気、ガス、水道を止めるなどがあります。

 

また、引っ越しの電気、ガス、水道などの開栓手続きも重要になってきます。

 

あと忘れがちなのが自転車の積み忘れ。

 

気をつけましょう。

 

引っ越し業者の相見積は重要です。

 

ネットで一斉見積もりも利用します。

 

引っ越しの時期によって価格が大きく違うので、繁忙期の3月〜4月、7月〜8月、12月〜1月は避けたほうが比較的安く引っ越しができます。

 

ダック引っ越しに限らず、大手、中堅は宣伝広告費が多く含まれているから値段の交渉はあまり出来ません。

 

(裏技を使えばこの限りではありませんが…。)

 

その代わりに大手は、保証や保険などがちゃんとしているので、もし運搬中に荷物に破損があった場合でもちゃんと弁償してもらえるし、それが荷解きをしてからと引越しから日数が空いてもちゃんと保証してくれます。

 

以前、某大手不動産会社と提携している引っ越し業者にお願いしたら、運搬中に家電のダンボールを落としたようで、季節家電だった為に冬にダンボールを開けたらプラスチック部分が粉々に割れていて使い物にならなかったという経験があるので、業者を選ぶ時は引っ越しからの保証期限が最低3ヶ月はほしいところ。

 

出来れば1年くらいを保証対象にしている業者を選ぶようにしましょう。

更新履歴